2012年06月05日

010ブンタローの心霊体験!

120605_005102.jpg

最近ね、夜歩いてたのね。

わりと暗い道だったんだけど、通り慣れてる道だったからさ、別に怖くないしね。

んで、

曲がり角を左に曲がろうとしたのよ。

ふと、角のあたりを見たら、女の人が立ってたのね。

夜中にさ。

暗い夜道にさ。

なんか気持ち悪くてね。

何とは無しにその人を見たのよ。

そしたら、その人、ちょっとうつむき加減でボーッと立ってるんだよ。

微動だにせずにね。

俺さぁ、なんか嫌な予感がしたんだよね。

あっ、こりゃ来たな。

ってさ。

でもね、俺は歩いてるわけでさ、そこの角を曲がりたいわけだからさ、どんどんその人に近づいていくわけだよ。

どんどん歩いていくわけ。

20m、15m、って。

でね、その人まであと5mくらいまで近づいた時にね、その人の顔が見えてきたわけ。

そしたらね、青白くボワーと光ってるのよ。

顔がね。

その上、薄く笑ってるんだよ。

その人。

俺、恐ろしくなっちゃってさ。

思わず、うわっ!って声あげちゃったのよ。

そしたらその人、キッと俺を睨んできたのよ。




俺は見たんだよね。




その人の左手に青白く光るスマートフォンを…。

メールだか、サイトだか、何か見てたんだろうね。

そんな紛らわしい話。
(稲川淳二風)

写真はその時の自分の顔を思い出して撮ってみました。
posted by 秘密兵器 at 02:28| Comment(2) | 010 三浦文太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。